Conference Proceedings

不可能立体の拡張現実感表現

吉川祐輔宮下芳明

Abstract

本稿では,M.C.Escher の絵画に見られるような不可能立体を 3DCG として拡張現実感的に表示するシステムを提案する.オブジェクトが描画されている面と面が重なり合っている部分に処理を施し,そこの奥行きを逆転させる操作をリアルタイムで行いながら AR マーカ上に重畳表示している.

Information

Book title
第10回NICOGRAPH春季大会予稿集
Pages
162-163
Date of issue
2011/03/25
Citation
吉川祐輔,宮下芳明. 不可能立体の拡張現実感表現,第10回NICOGRAPH春季大会予稿集,pp.162-163,2011.

Articles

Source URLhttp://art-science.org/dl/nicograph/program2011s.html