Conference Proceedings

重なりあったウィンドウ間を移動可能なマウスカーソル操作手法の提案

山中祥太宮下芳明

Abstract

本稿では,マウスカーソルをウィンドウの奥へと潜りこませる操作手法を提案し,そのプロトタイプとなるシステムを実装した.重なり合ったウィンドウ間のファイル移動を行わせる評価実験では,通常のマウス操作よりもを早くタスクを完了させられることが明らかとなった.

Information

Book title
研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)
Volume
2011-HCI-144
Issue
13
Pages
1-8
Date of issue
2011/07/21
Citation
山中祥太,宮下芳明. 重なりあったウィンドウ間を移動可能なマウスカーソル操作手法の提案,研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI),Vol.2011-HCI-144,Issue.13,pp.1-8,2011.

Articles

Source URLhttp://id.nii.ac.jp/1001/00075485/