Conference Proceedings

発表者がスクリーン前に立つプレゼンテーションスタイルの提案

前田晴己栗原一貴宮下芳明

Abstract

一般的なプレゼンテーションでは,聴衆はスクリーンを注視し発表者がプレゼンテーションの中心に存在するとは言い難い環境となっていた.本稿では発表者がスクリーンの前に立ち,発表者と発表内容が一体となったプレゼンテーションスタイルを提案する.発表者を避けるよう動的にオブジェクトを配置することで遮蔽問題を解決し,スクリーン上のオブジェクトとインタラクションすることで発表者の意図をより強く表現できる.

Information

Book title
エンタテインメントコンピューティングシンポジウム2011論文集
Pages
431-434
Date of issue
2011/10/07
Citation
前田晴己,栗原一貴,宮下芳明. 発表者がスクリーン前に立つプレゼンテーションスタイルの提案,エンタテインメントコンピューティングシンポジウム2011論文集,pp.431-434,2011.

Articles

Source URLhttp://ec2011.entcomp.org/program/