Conference Proceedings

打ち間違えを適度に許容するパスワード認証の提案

宮代理弘宮下芳明

Abstract

Webサービスなどパスワード入力フォームのほとんどは,伏せ字によってパスワードの秘匿性を保っている.しかし,ユーザがパスワードを正確に覚えていたとしても入力し間違えることがあり,その秘匿性ゆえに気づくことができず,認証に失敗することがある.そこで本稿では,パスワード認証において打ち間違えを適度に許容することで,ユーザが認証に成功しやすくする手法を提案し,実験を行うとともにその有効性を議論する.

Information

Book title
第23回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ (WISS2015) 論文集
Pages
117-118
Date of issue
2015/12/02
Citation
宮代理弘,宮下芳明. 打ち間違えを適度に許容するパスワード認証の提案,第23回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ (WISS2015) 論文集,pp.117-118,2015.

Articles

Source URLhttp://www.wiss.org/WISS2015Proceedings/