Journal

オーバーエクストルージョンを用いた熱溶解積層方式3Dプリンタのための造形手法

高橋治輝宮下芳明

Abstract

熱溶解積層方式 3D プリンタには,意図しない部分に樹脂が溢れてしまう「オーバーエクストルージョン」という造形エラーが存在する.本稿では,このオーバーエクストルージョン現象の発生位置と溢れる樹脂の量を,停止命令の挿入とその時間によって制御し,造形に活用する手法を提案する.これにより,3D モデルの外壁に模様や文字を造形することを実現する.オーバーエクストルージョン現象は造形時に現れるため,提案手法には,従来のプリントプレビューでの表面の確認が不可能という特徴がある.予備実験により,適切なパラメータを調査するとともに,3D モデルへのドローイング操作で提案手法を活用できるデザインシステムを構築した.システムを用いて制作した作例を示し,オーバーエクストルージョンによる表現について議論する.

Information

Book title
芸術科学会論文誌
Volume
15
Issue
5
Pages
194-207
Date of issue
2016/12/31
Citation
高橋治輝,宮下芳明. オーバーエクストルージョンを用いた熱溶解積層方式3Dプリンタのための造形手法,芸術科学会論文誌,Vol.15,Issue.5,pp.194-207,2016.

Articles

Source URLhttp://www.art-science.org/journal/v15n5/index.html