Conference Proceedings

往復を前提とした一時的スクロール手法の提案

高田勝也宮下芳明

Abstract

ページ内の別の位置にある文章や図を,一時的に参照したい場合がある.このとき,多くの場合はスクロールによってページ内を往復することによって解決する.本研究ではスマートフォンにおける新しいスクロール手法として,往復を前提とした一時的スクロール手法を提案する.従来のフリックによるスクロールとは別に,画面に円を描く動作によってスクロールを行う.この場合のみ指を離すとスクロールを開始した位置へ自動でページが移動する.これにより,従来のフリックによるスクロールでは往復する必要があるようなスクロール動作を,片方向のスクロールのみで完了することができる.

Information

Book title
インタラクション2017論文集
Pages
417-422
Date of issue
2017/02/23
Citation
高田勝也,宮下芳明. 往復を前提とした一時的スクロール手法の提案,インタラクション2017論文集,pp.417-422,2017.

Articles

Source URLhttp://www.interaction-ipsj.org/proceedings/2017/data/bib/2-6F-07.html