Conference Proceedings

投げなわ選択と途中省略型投げなわ選択の性能評価

薄羽大樹山中祥太宮下芳明

Abstract

本稿では,従来の投げなわ選択と途中省略型投げなわ選択の性能評価について報告する.投げなわ選択の性質として,囲みたい範囲が大きいほど長いストロークを描く必要があることがあげられる.一方,途中省略型におけるユーザの描くストロークは重要な角や直線のみである.そのため,明示せずとも選択範囲が読み取れる箇所は省略可能である.これにより,投げなわ選択よりも少ないストロークでかつ速く範囲選択を行えると考えられる.実験の結果,ユーザは必要以上にストロークを描いてしまうなどの傾向があり,途中省略型はむしろ投げなわ選択よりも範囲選択に時間がかかることが明らかとなった.

Information

Book title
研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)
Volume
2017-HCI-172
Issue
22
Pages
1-6
Date of issue
2017/02/27
ISSN
2188-8760
Citation
薄羽大樹,山中祥太,宮下芳明. 投げなわ選択と途中省略型投げなわ選択の性能評価,研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI),Vol.2017-HCI-172,Issue.22,pp.1-6,2017.

Articles

Source URLhttp://id.nii.ac.jp/1001/00177797/