Conference Proceedings

Movable Background 方式インタフェースにおけるポインティング操作性能の検証

宮代理弘宮下芳明

Abstract

Fat finger 問題の解決策として,固定したカーソルに向けてターゲットを移動させる “Movable Background 方式” インタフェースが提案されている.これは,画面全体をスクロール移動させる要領で,固定したカーソル下に選択したいオブジェクトをもってくる手法である.しかし,このような操作手法について,ポインティングでの操作性能は検証されていない.本稿では,Movable Background 方式インタフェースのポインティングタスクを行った.結果,Movable Background 方式は Fitts' Law に適合することが示された.また,Movable Background 方式において,カーソル数と位置が操作時間に及ぼす影響についても調査した.以上の 2 つの結果にもとづき,Movable Background 方式インタフェースの特徴を考察した.

Information

Book title
研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)
Volume
2017-HCI-172
Issue
27
Pages
1-6
Date of issue
2017/02/27
ISSN
2188-8760
Citation
宮代理弘,宮下芳明. Movable Background 方式インタフェースにおけるポインティング操作性能の検証,研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI),Vol.2017-HCI-172,Issue.27,pp.1-6,2017.

Articles

Source URLhttp://id.nii.ac.jp/1001/00177802/