予稿集

裁断された譜面を用いたドラム練習支援

概要

譜面によるフレーズの前後関係の把握は楽器練習の基本であるが,初心者が最も躓きやすい点でもある.特に,ドラムのように四肢全てを使う楽器においては,任意のタイミングでの身体の動かし方が前後関係の把握よりも重要であると考える.本稿では,ドラム譜面を拍ごとに裁断し,再提示するシステムを提案する.この裁断された譜面から拍ごとの身体の動かし方を練習した後に,それらを統合していくという方法でリズムパターンを完成させていく.

書誌情報

書誌名

エンタテインメントコンピューティングシンポジウム2012論文集

ページ

337-340

発行日

2012/09/28

キーワード

EC2012 / 練習支援 / ドラム / 楽譜 / 裁断

引用時の表記

高橋治輝,宮下芳明.裁断された譜面を用いたドラム練習支援,エンタテインメントコンピューティングシンポジウム2012論文集,pp.337-340,2012.

資料

ダウンロード