予稿集

日本初3Dプリンターオープン 変遷とこれから

概要

近年,デジタル・ファブリケーションの動きが主流になる可能性が高いなかで,個人向け3Dプリンタが多く開発されてきている.クリス・アンダーソンは「3Dプリンタは,なんでも生み出す魔法のになる[1]」と述べている.しかしながら,現在はまだ3Dプリンタというものを実際に見たことがない人もまだ多く. メディアなどで日々報道されてはいるが,実際に使ったことがある人は多くはいない.本編第一著者は,3Dプリンターは使うに至らないのは大衆がまだどんなものが造れるか想像ができないからであると考えた.そこで3Dプリンタを開かれた場所に出して,その結果何が起こるか実験をおこなった.

書誌情報

書誌名

エンタテインメントコンピューティングシンポジウム2014論文集

2014

ページ

162-167

発行日

2014/09/12

引用時の表記

中村翼,宮下芳明.日本初3Dプリンター屋オープン 変遷とこれから,エンタテインメントコンピューティングシンポジウム2014論文集,Vol.2014,pp.162-167,2014.

ダウンロード