予稿集

タッチ入力の柔軟な再配置を可能としたインタフェースの作成支援

概要

著者らはこれまでに,導電性インクを用いたタッチインタフェースの作成手法を提案してきた.これにより,タッチパネル上のインタフェースをディスプレイ外部に拡張し,実世界上に再配置することを可能とした.本稿では,こうしたインタフェースの作成支援システムを提案する.本システムにより,ユーザはインタフェースのコンポーネントをパネル上に配置するだけで,行いたい動作を実現するインタフェースを作成できる.今回プロトタイプシステムとして,ボタン,スライダ,ダイヤルの 3 種類を作成するシステムを実装した.

書誌情報

書誌名

第22回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ (WISS2014) 論文集

ページ

151-152

発行日

2014/11/27

引用時の表記

加藤邦拓,秋山耀,宮下芳明.タッチ入力の柔軟な再配置を可能としたインタフェースの作成支援,第22回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ (WISS2014) 論文集,pp.151-152,2014.

資料

ダウンロード