予稿集

表面でのタッチ操作が可能なタンジブルインタフェースの3Dプリント手法

概要

本稿では表面でのタッチ操作が可能なタンジブルインタフェースの3D プリント手法を提案する.提案手法では,導電性と非導電性の2 種類のフィラメントを用いてインタフェースを出力する.オブジェクト内部に配線を行うことでタッチ操作だけでなく,ユーザの回転操作による画面スクロールなど,入力・出力操作の変換が可能である.本稿では,提案したタンジブルインタフェースの造型手法について評価を行った.またその結果をもとに,インタフェースの試作を行った.

書誌情報

書誌名

研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)

2016-HCI-167

4

ページ

1-7

発行日

2016/03/01

ISSN

2188-8760

引用時の表記

上野新葉,加藤邦拓,宮下芳明.表面でのタッチ操作が可能なタンジブルインタフェースの3Dプリント手法,研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI),Vol.2016-HCI-167,Issue.4,pp.1-7,2016.

資料

ダウンロード