予稿集

紙を均等に配置しない360ポップアップカード設計手法の提案

概要

折りたたまれた紙を開くことで立体物を表現するポップアップカードのうち,本研究では中心を軸として放射線状に紙を360度に配置するものに着目する.紙の枚数を多くすると立体をより細かく表現できるが,ページ数が有限であるため,増やせる枚数には限りがある.そこで本稿では,細部を表現する必要のある部分に枚数を割き,そうでない部分の枚数を削減することで,必要十分な枚数で立体を表現する手法を提案する.その結果,ページ間の角度が不均等なポップアップカードとなるが,糸による接続でその角度保持を実現した.

書誌情報

書誌名

第26回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ (WISS2018) 論文集

発行日

2018/09/26

引用時の表記

竹内まゆ,宮下芳明.紙を均等に配置しない360度ポップアップカード設計手法の提案,第26回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ (WISS2018) 論文集,2018.

資料

ダウンロード