予稿集

視線追跡HMDと眉間を用いた「目掴み」の評価

概要

本稿では,視線追跡装置を搭載したHMDと眉間の動きを利用し,VR空間内においてドラッグ&ドロップ操作可能な「目掴み」を提案する.ドラッグしたいオブジェクト上で眉間を寄せ,オブジェクトを選択し,そのままポインタを動かし(ドラッグ),目的の領域上で眉間を離す(ドロップ)手法である.実験の結果,操作時間はターゲットまでの距離とターゲットの直径に影響し,エラー率はターゲットの直径に強く依存することが分かった.また,評価実験を踏まえ,システムの改善案を示した.

書誌情報

書誌名

インタラクション2019論文集

ページ

193-198

発行日

2019/03/06

キーワード

視線追跡 / アイトラッカー / VR

引用時の表記

池田沙厘奈,薄羽大樹,宮下芳明.視線追跡HMDと眉間を用いた「目掴み」の評価,インタラクション2019論文集,pp.193-198,2019.

資料

ダウンロード