予稿集

モデルファイル入力に基づく3Dモデルジェネレータ生成システム

概要

本稿で実現したことは,3Dモデル制作者がそれ以上の新しい知識や技能なしに,パラメトリック3Dモデル(エンドユーザがパラメータ操作によってカスタマイズ可能な3Dモデル)を作れるようにする仕組みである.提案システムはGUIをもたないソフトウェアであり,そこに2つの3Dモデルファイル(STL形式)をドラッグ&ドロップすると,3Dモデルジェネレータなる実行ファイルを出力するものとなっている.書き出された3Dモデルジェネレータを受け取ったエンドユーザは,それを起動するだけで,3Dモデリングソフトを用いることなくスライダ操作のみで2つの3Dモデルの任意の中間体を得て,3Dファイルとして書き出すことができる.

書誌情報

書誌名

インタラクション2019論文集

ページ

818-823

発行日

2019/03/08

キーワード

3Dモデル / 3DCG

引用時の表記

木崎駿也,宮下芳明.モデルファイル入力に基づく3Dモデルジェネレータ生成システム,インタラクション2019論文集,pp.818-823,2019.

資料

ダウンロード