研究報告

表示タイミングが不明なテンポラルポインティングにおけるエラーモデル

概要

テンポラルポインティングとは,限られた時間内でターゲットを選択する操作のことである.ターゲットの表示タイミングを予測できる場合のエラー率は,すでにモデル化されている.本稿では,表示タイミングを予測できない場合のエラー率を調査した.先行研究のモデルは観測されたエラー率には適合しなかった.また,実験で得られた傾向からモデルを提案し,提案モデルの適合度と赤池情報量基準を算出,交差検証したところ,高精度にエラー率を予測できた.また,本研究の提案モデルをゲームのクイックタイムイベントに活用する方法について議論した.

書誌情報

書誌名

研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)

2021-HCI-191

1

ページ

1 - 6

発行日

2021/01/21

ISSN

2188-8760

引用時の表記

清水美玖,島田雄輝,薄羽大樹,宮下芳明.表示タイミングが不明なテンポラルポインティングにおけるエラー率モデル,研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI),Vol.2021-HCI-191,Issue.1,pp.1 - 6,2021.

ダウンロード