予稿集

TasteSynth電気味覚のための刺激波形デザインシステム

概要

舌やその周辺,あるいは飲食物へ電気を流すことで,味細胞の刺激や,飲食物内のイオン泳動を引き起こし,味覚を変化させる手法を総称して電気味覚という.これまで,電気味覚の研究では多様な刺激波形が用いられており,その種類やパラメータによって味覚変化の効果が異なる.本稿では,先行研究約30本で利用された刺激波形を再現し,さらにそれらを編集した新規の刺激波形による効果を検証可能なシステム「TasteSynth」を提案する.本システムを用いることで,既知の刺激波形の追検証や未知の刺激波形の探索が容易になると考える.

書誌情報

書誌名

エンタテインメントコンピューティングシンポジウム論文集

2021

ページ

266 - 275

発行日

2021/08/23

キーワード

電気味覚 / Electric Taste

引用時の表記

鍜治慶亘,宮下芳明.TasteSynth:電気味覚のための刺激波形デザインシステム,エンタテインメントコンピューティングシンポジウム論文集,Vol.2021,pp.266 - 275,2021.

資料

ダウンロード