研究報告

SSVEPベースのBCIにおけるフリッカ刺激の数と大きさの影響

概要

視覚情報を取得するSSVEPベースのBCIは,コンピュータ画面上で様々な操作ができ,また高速な通信ができることから注目を集めている.SSVEPベースのBCIは刺激の数が少ないほど高い精度が得られることがわかっているが,ターゲットサイズがBCIの制御に与える影響については調べられていない.そこで本研究では,フリッカ刺激をタイル状に並べたBCI用のUIを設計し,刺激の大きさがSSVEPベースのBCIのパフォーマンスに与える影響を調査した.その結果,刺激の数による影響は見られなかったが,刺激の視角が選択時間に影響を与えていることがわかった.また,実験結果をもとにBCIの特性を利用した最適なUIについて考察した.

書誌情報

書誌名

インタラクション2022

ページ

767-772

発行日

2022/03/02

キーワード

Brain Computer Interface / User Interface

引用時の表記

振原知希,宮下芳明.SSVEPベースのBCIにおけるフリッカ刺激の数と大きさの影響,インタラクション2022,pp.767-772,2022.

資料

ダウンロード