研究報告

視力の低下がポインティングパフォーマンスに及ぼす影響

概要

視力が低いとポインティングの際,カーソルやターゲットがぼやけて見える.そのためターゲットを慎重に狙う必要があり,選択までの時間が増加する可能性がある.また,カーソルやターゲットを正確に把握できないため操作ミスも増える可能性がある.本研究では視力が低下した際,パフォーマンスがどの程度低下するのかを調査する.実験では視力の変化を画面のぼかしで代替することで,画面上のターゲットが明瞭に見えない状況を再現した.実験の結果,ぼかしが強いほど操作時間とエラー率が増加することがわかった.また,ターゲットが小さいほど,エラー率に対するぼかしの影響が大きいことがわかった.

書誌情報

書誌名

研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)

2022-HCI-199

5

ページ

1-7

発行日

2022/08/15

ISSN

2188-8760

キーワード

ポインティング

引用時の表記

富張瑠斗,木下大樹,大塲洋介,山中祥太,宮下芳明.視力の低下がポインティングパフォーマンスに及ぼす影響,研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI),Vol.2022-HCI-199,Issue.5,pp.1-7,2022.

資料

ダウンロード